トップページ >> ごみ処理の流れ

ごみ処理の流れ

※画像をクリックしたら大きな画像で見れます。
2.png

ごみの流れ
家庭から集められた一般可燃ごみや最終処分場の埋立灰・不燃残渣等は、当センターへ運ばれ、プラットホームからごみピットに投入されます。
ピット内のごみは、撹拌後クレーンでごみホッパに投入され、高速燃焼ストーカで完全燃焼し、灰となり、直結した灰溶融炉でスラグ化されます。
燃焼ガスの流れ
溶融炉およびストーカ炉の排ガスは、ガス冷却室で水噴霧により冷却されます。
ガス中の塩化水素は消石灰で反応除去され、ばいじんはバグフィルタで捕集後、きれいな排ガスとして煙突から排気されます。
空気の流れ
燃焼用空気は押込送風機を経て空気予熱器で高温空気となり、ストーカ下から炉内へ吹き込まれます。
この高温空気の一部は白煙防止や温水等に余熱利用されます。
ごみピット室内の臭気を含んだ空気は、排ガスの完全燃焼用二次空気として、炉内部へ直接吹き込まれ分解します。
溶融スラグ・メタルの流れ
ストーカで完全燃焼したごみは灰となり、直結した灰溶融炉でスラグ化されます。
スラグは搬出設備で破砕、磁選、粒度調整の行程を経て、アスファルトやコンクリート二次製品等の材料として利用されます。
また、メタルは銅等の貴重な金属が含まれており、再資源化が可能です。
ATOM RSS 2.0